フォト

ブログ内検索

« 優しく歌おう、一つになって | トップページ | 7月を振り返る 2020 »

2020年8月 2日 (日)

X

おすすめ動画に出てきた、久しぶりのClanadonia

Scottish legend Tu-Bardh Wilson with Clanadonia performing "Tu-Bardh" live in Perth, Scotland, 2019

 

 

セント・アンドリューズ・デー 2019


Scottish legend Tu-Bardh Wilson with Clanadonia performing "Tu-Bardh" live in Perth, Scotland, 2019

“Tu-Bardh”(「トゥーバダー」?)というのは、どうもクラナドニアのオリジナル曲らしい。というのも、 "Tu-Bardh" で検索して出てくるのはこの人。

Tubardh

どうやら彼がリーダーの Tu-Bardh Stormcrow Wilson 氏であるようだ。

 

Keep it Tribal [Music CD]
Keep it Tribal [Music CD]
posted with AmaQuick at 2020.08.01
Clanadonia(アーティスト)
Clanadonia (2007)

 

Clanadonia - Tu-bardhClanadonia - Tu-bardh

アルバム “Keepin' it tribal” に収録されているバージョン

 

さて、トゥーバダー氏といえばいつも半裸なイメージがあって、先程の動画を見ての最初の感想が「服着てる!」だったのだが…

Scotland | Glasgow | Clanadoniaclanadonia performing in glasgow part 1Clanadonia keltisch midzomer festival 2012Clanadonia - Ya Bassa Edinburgh Fringe Festival

もちろん私の勝手な思い込みである。動画説明に "St Andrew's Day celebrations" とあって、調べてみるとこのスコットランドの祭日「セント・アンドリューズ・デー」は11月30日だそうだ。うん、冬は服着るよね。

 

ちなみに聖アンドリュー(聖アンデレ)というのはイエスの使徒でスコットランドなどの守護聖人なのだが、ググると

Martirio de San Andrés, por Juan Correa de Vivar.jpgBy Juan Correa de Vivar - Galería online, Museo del Prado., Public Domain, Link

なんかすごい絵が出てきた。これは聖アンドリューの十字架(crux decussata, Saint Andrew's Cross)というらしく、殉教にあたって「イエス様と同じタイプの十字架は畏れ多い」というアンドリュー氏の意向によるもの、という話もある。

Flag of Scotland.svg
By none known - http://kbolino.freeshell.org/svg/scotland.svg, Public Domain, Link

聖アンドリューの遺物が運ばれ祀られた伝説のあるスコットランドの国旗にも採用されている由。

ユニオン・フラッグの変遷
パブリック・ドメイン, リンク

蛇足だが、聖アンドリュー旗は現在の英国旗の一部でもある。今世紀に入って(また先般の英国のEU離脱の際にも)スコットランドの分離独立が取りざたされたが、もしそんな事態になったら旗も変わるのであろうか? と青と白斜線がなくなった後を想像してみるが、目に見えて弱体化(?)しそうではある。

弱体化したユニオンジャックについては → スコットランドがUK脱退? てこたァ、あの"イギリスの旗"ユニオン・ジャックが、「赤米(あかコメ)マーク」に変わるかも❕❔www - 関心空域 ━━ す⊃ぽんはむの日記

 

« 優しく歌おう、一つになって | トップページ | 7月を振り返る 2020 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 優しく歌おう、一つになって | トップページ | 7月を振り返る 2020 »

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ