フォト

ブログ内検索

« 世にモヒカンの種は尽きまじ | トップページ | 続・アダージョ(2年8か月ぶり) »

2018年4月 9日 (月)

センの日

さて、先日のハカン1号もといハカン・アリ・トケルからの曲、“Senede Bir Gün” であるが…

Senede Bir Gün Senede Bir Gün

from "Alla Turca Alla Toker"

一体どういう曲なのか、と元ネタを探すと実にいろいろな人がやっている。Şekip Ayhan Özışıkという人が書いた結構有名な曲らしい。

 

 

セネデ・ビール・ギュン

どんな意味なのか?

Googletranslate

うん、あまり期待してなかった。これについてはうまい具合にWeb上で英語訳を尋ねているトルコ人がいて

「"senede bir gün" ってアメリカ英語でなんて言うの?」

「"Once a year" よ」

とのこと。1年に1度? …結局分からないことに変わりはないか。

 

とにかく、どうやらトルコ映画に関係があるらしい。“Senede Bir Gün” というのは1946年、1966年、1971年の映画のタイトルである。

İhsan Koza という人の小説を元にİhsan İpekçiのプロデュースと脚本で1946年に映画化。しかし İhsan Koza は İhsan İpekçi が小説を書く時のペンネームらしい。同じ人じゃんか。

1966年、1971年の映画化では脚本がSadık Şendilになっている。

Senede Bir Gün

この人の名前はハカン動画で作詞とクレジットされているので、映画と関わりがあるのは間違いなさそうである。

ということで、映画を探してみると

どっちでも同じ曲を使っていた。1組の男女の戦争を背景とした話、らしい。

 


Zeki Müren - SENEDE BİR GÜN

最初に見つかったZeki Müren(ゼキ・ミュレン)。この人、他の動画を見るとおじさんに見えたりおばさんに見えたりする。どっちなんだよ、と調べたら女装したおじさんだった。

Dünden Bugüne, Vol. 4
Dünden Bugüne, Vol. 4
posted with amazlet at 18.04.08
EMRE GRAFSON MÜZİK (1991-03-20)

分かりにくい。

 

とにかく4回も繰り返される「セネデ・ビール・ギューン♪」が耳に残る。後で無意識に口ずさんでいる自分に気付いて愕然とした。意味も分からないのに。

 

さて、この歌いろいろな人がやっているのだが、中には見たような気がするクラリネットの人も。


Hüsnü Şenlendirici - Senede Bir Gün - TRT Avaz

 

Senedebirgun1

Senedebirgun2

クラリネットを吹くだけかと思ったらマイクを持って歌い始めた!

Senedebirgun3

「セネデ・ビール・ギューン♪」は客に歌わせてる

Senedebirgun4

Senedebirgun5

年配の人は一緒に歌っているようだ。懐メロ?

 

HÜSNÜ ŞENLENDİRİCİ HİCAZKAR TAKSİM SENEDE BİR GÜN TRT MÜZİK HD HÜSNÜ ŞENLENDİRİCİ HİCAZKAR TAKSİM SENEDE BİR GÜN TRT MÜZİK HD

別の演奏。定番ネタ?(やはり歌っている)

 

Husn-u Hicaz
Husn-u Hicaz
posted with amazlet at 18.04.08
Husnu Senlendirici

売り上げランキング: 1,173,263

アルバムにも収録されているが、歌っているんだろうか?

歌ってなかった。

« 世にモヒカンの種は尽きまじ | トップページ | 続・アダージョ(2年8か月ぶり) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: センの日:

« 世にモヒカンの種は尽きまじ | トップページ | 続・アダージョ(2年8か月ぶり) »

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ