フォト

ブログ内検索

« 楽器(無料) | トップページ | 三人寄れば(8) 融合する(?)人たち »

2016年12月20日 (火)

フォートマクマレーは負けない

今日とんでもないことに気付いた。

2015 ささやかな奇跡(1万ダース) 2015.12.19

カナダの航空会社WestJetのクリスマス・サプライズ2015年版

1年前に書いたエントリなのだが、「12,000の”mini miracles”を」という企画だった。つまり1万ダースではなく1千ダースである。遺憾ながら、つまらない計算ミスを全世界に向けて1年間も発信し続けていたことになる。よりにもよってタイトルで。

 

まあいい。気を取り直して今年の分を…

Ft_mcmurray_strong01

 

 

フォートマクマレーは強い

今年のテーマは“Fort McMurray Strong”


WestJet Christmas Miracle: Fort McMurray Strong

 

多少の説明が必要かもしれない。

Ft_mcmurray_strong02 Ft_mcmurray_strong03
Ft_mcmurray_strong04 Ft_mcmurray_strong05

カナダで大規模な森林火災が発生したのは今年5月1日の事だ。オイルサンドと呼ばれる原油を含んだ砂岩地帯だったことや強風・干ばつの影響もあり鎮火する様子がない。アルバータ州のフォートマクマレーに迫ったことから、3日には全域に避難指示が出た。

最終的に全住民約8万8000人が非難を余儀なくされた。迅速な避難指示のため人的被害はなかったようだが、数千軒の住宅が被害を受けた。なんでもカナダ史上最悪の災害となるそうだ。

今年は本邦でも熊本や鳥取の地震等の災害が連続したためか、あまり詳細に報じられることがなかったような気はする。少なくとも私は動画を見るまで忘れていた。

 

Fort McMurray Strong”は被災した人たちへの支援プロジェクトだ。

 

 

Goods

「フォートマクマレーは強い 私たちは乗り越えるエネルギーを持っている」とプリントされた商品群。収益は全額赤十字に寄付される。

商品には"ALBERTA STRONG"タイプも。これはアルバータ州にあるアパレルメーカー。商品はそこが中心になって提供しているのかもしれない。

 

さて、今年のウェストジェット航空のクリスマス・サプライズは被災者を元気づける催しとして10月に行われたようである。7か月たった今も元の生活を取り戻せていない人は多い。

 

先立って行われた被災者へのインタビュー

Ft_mcmurray_strong06

「私たちは中にあった物全部と家を失ったの」

インタビューが後のサプライズの元になっているのは例年通り

 

Ft_mcmurray_strong07

Ft_mcmurray_strong08

ゴルフ場にスペースを用意して1,000人分のパーティー会場を設営。いつもより気合が入っている気がするが、自国のことだしな。826人が招待に応えたようだ。

 

そういえば火災当時、ウェストジェット航空とカナディアンノース航空は神対応で話題になった。

そして、カナダの航空会社、ウェストジェット航空とカナディアンノース航空も、普段では考えられない決断をした。

他の航空会社と同様、通常この2社はペットの搭乗に厳しい制限を設けている。しかし、避難する住民のために、フォートマクマレーから飛び立つ飛行機の客室にペットの持ち込みを許可する、という例外措置を講じたのだ。しかも、ケージに入れなくてもいいという、粋な計らい付きで。

ペットも同乗OK。カナダの航空会社、山火事の被災者に粋な計らい - The Huffington Post 2016.5.11

 

 

Ft_mcmurray_strong09

そして、今年もアイツがやってきた。「フォーフォーフォー」

Ft_mcmurray_strong10

Ft_mcmurray_strong11

Ft_mcmurray_strong12

パラシュートに結ばれたプレゼントの大量投下

Ft_mcmurray_strong13

中にはパーティー中に撮影した家族写真などが入っていたようだ。

 

 

 

プレゼント(個別)

しかし、それにしても涙ぐんだりスタッフをハグしたり、少し感激が過ぎるんじゃないかと思ったら、インタビューに対応した個別のプレゼントがあったようだ。失った物への悲しみを語る人達にシンパシーを感じたウェストジェット・クルーが、思い思いのプレゼントを用意したらしい。


Fort McMurray Strong: Popejoy family

Popejoy1

ポップジョイさん家の場合

Popejoy2

ウェストジェットのジェシカはリース少年がハリーポッターのファンと聞いて特別なクリスマスをプレゼントしたいと考えたらしい。多分愛読していた本などは燃えてしまったんだろう。

Popejoy3

ホグワーツ制服?

Popejoy4

「グリフィンドーーーール!」の帽子

Popejoy5

Popejoy6

ポップジョイ一家登場

Popejoy7

自前のコレクション大量放出のジェシカ(気前いいな!)

Popejoy8

「帽子だ!」「すりざりーーーん」

Popejoy9

つまり涙目やハグには背景となるストーリーがあったわけだ。

 

その他の家族のストーリーはこちらから。中には家財道具を積んでいたトレーラーを盗まれた、なんてヒドイ話も。

 

Ft_mcmurray_strong14

来年もよろしく

 

 

商品名長すぎ

« 楽器(無料) | トップページ | 三人寄れば(8) 融合する(?)人たち »

」カテゴリの記事

時事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フォートマクマレーは負けない:

« 楽器(無料) | トップページ | 三人寄れば(8) 融合する(?)人たち »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ