フォト

ブログ内検索

« 黄泉がえるエルヴィス | トップページ | 僕らの時間(正味5日) »

2015年7月24日 (金)

世論調査(RDSとかRDDとか)

新安保法案の衆議院通過あたりのタイミングで報道各社の世論調査が出た。

毎日新聞世論調査:内閣支持率急落、政治感情の変化鮮明に ポジティブ層が「反安倍」シフト - 毎日新聞 2015.7.22 (魚拓)

毎日新聞が17、18両日に実施した全国世論調査で、安倍内閣の支持率が第2次安倍内閣発足後では最低の35%に落ち込み、不支持率も初めて過半数の51%に達した。

軒並み支持率が40%を割る状況のようだ。新国立競技場の白紙撤回がなければ、もっとヤバい情況だろう。

 

私がこの記事を読んで最も激しく反応したのは以下のくだり

7月17、18日の2日間、コンピューターで無作為に数字を組み合わせて作った電話番号に、調査員が電話をかけるRDS法で調査した。

RDS?RDDじゃないの? (←そこかよ)

 

RDS法とRDD法

調べてみたら単なる呼び方の違いで内容は一緒だった。それぞれランダム・デジット・サンプリングRandom Digit Sampling)、ランダム・デジット・ダイヤリング(Random Digit Dialing)でランダムに決めた固定電話番号に掛けて調査する手法である。

maltese puppy

しかし、このやり方でいいのだろうか?

加入電話と携帯電話の契約数が逆転したのは2000年頃だ。契約数ベースでいえば現在では移動電話(携帯+PHS)は固定電話(加入電話+ISDN)の3倍を超えるような状況である。通信量からみた我が国の音声通信利用状況【平成 24年】- 総務省(PDF)で電話の利用情況をみても、移動電話の使用が多くなってきているようである。この状況で固定電話からのサンプリングで正しく世論が把握できるのか、という疑いはある。

例えば学生や一人暮らしの若い世代(携帯しかもってない)や、共働きの夫婦(昼間家に居ない)などの意見が反映されないんじゃないか、みたいな考えにはすぐにたどり着く。

 

しかし実際の調査のやり方について調べてみると、仕方ない面もあるようだ。調査の方法 | 日経電話世論調査 | 日経リサーチによれば

  1. 固定電話の局番(市外局番+市内局番)から抽出枠を求める
  2. 上記から約1万6000件の局番を抽出
  3. それぞれの局番について電話番号(下4桁 等)をランダムに決定
  4. 使われていない番号を除外した約4000件に電話をかける
  5. 会社の電話番号や有権者のいない世帯を除外して調査対象が決まる(約1400件)

のような感じらしい。また世帯内の有権者を確認して「年齢が上から○(乱数)番目の人」のように世代があまり偏らないようにもしているようだ。

ランダムな携帯番号に電話して調査することはできるだろうが、地域や世代の偏りを小さくしようとすると、効率が悪くてやっていられないのだろう。

 

 

なんかお薦めされてた。

20年以上前か…

« 黄泉がえるエルヴィス | トップページ | 僕らの時間(正味5日) »

」カテゴリの記事

時事」カテゴリの記事

コメント

RDSかRDDかは確証持てませんが、その手の世論調査が私のところに初めてかかって来ました。体験記は私のblog(http://murawski.blog.eonet.jp/blog/2015/09/rdd-8a75.html)に詳述してます。
私の経験では、抽出方法は微小な問題に過ぎず、調査そのものがトンデモだと思います。
ネットを見る限り、調査の実態が殆ど知られていない様なので、私の経験が少しでも御役に立てれば幸いです。

> murawskiさん

世論調査の体験、拝見しました。黒電話だったらどうするんでしょうね

はじめまして

携帯電話だと知らない番号のシャットアウトは固定より多いですからね。
現状で電話か対面(直接訪問)以上の信頼性を確保できる直接手段がないという問題もあります。
ネットは、直接投票を呼びかけるよりネットトラフイックを見て人々の関心をさぐるほうが投票サイトみたいなのより信頼性はあると思う


>共働きの夫婦
このあたりは、朝日新聞が世論調査についてネット上に回答してますが、出なかったらそれで終わりではなく(電話に一発で出た人だけのサンプリングはやはり偏るので)、時間を変えながら何回も電話して協力をお願いするそうです。
また、世帯の人数(有権者)を聞いてそこからさらに乱数により誰に回答してもらうかを抽出して回答してもらう
なので、朝日新聞の回答では昼間にかけたら主婦やリタイア世代しかでないだろうということはできるだけ回避するよいにはしている…となっています
実態はしりませんが

> さん

コメントありがとうございます。

ネットトラフイックという面では、ビッグデータ利用の精度が上がれば将来的には世論を読むものさしとして使えるようになるかもしれませんね。現在のところ(https://about.yahoo.co.jp/info/bigdata/)選挙の議席予想の的中率が8割~9割という所のようなので先は長いかもしれませんが。

しかし、報道各社が結構頻繁に世論調査をやっているのに、答えた知り合いが1人もいないのはちょっと不思議です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世論調査(RDSとかRDDとか):

« 黄泉がえるエルヴィス | トップページ | 僕らの時間(正味5日) »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ